Menu

公立高校入試結果

Home

合格おめでとう!公立高校入試結果

兵庫県教育委員会より、「平成31年度公立高校学力検査結果」が発表されました。 一般入試の結果と、当塾生の入試結果などについて、お知らせします。

【1】総括

兵庫県の入試は数年来、数学・理科が難しく、理数科目が得意な生徒でも点数を大きく伸ばすのはなかなか難しくなっています。
文系科目、特に社会で点数を稼げるか否かが、全否を大きく左右します。
ただし、上位校を受験する生徒は全体的に文系科目も高得点であまり差がつきません。理科・数学でどれだけ点数を上乗せできるかで決まります。
開示結果を見て、5教科全体であと1問合っていれば、あと1点・2点取れていれば受かっていたという生徒、内申点で1科目でも上がっていれば、で涙を呑んだ生徒が毎年います。内申点を1教科でも上げる・試験では1点でも加点しようとする貪欲さを常日頃から身に付けてほしいと思います。

【2】入試合計(5科目)平均点の比較(各科目100点満点、合計500点満点)

※見難い方はPC表示に切替えてご閲覧下さい。
(小数点以下、四捨五入)
  全日制受験生の平均点  伸学院セミナー塾生の平均点
26年 264点 355点
27年 271点 368点
28年 258点 383点
29年 288点 372点
30年 265点 341点
31年 269点 361点

【3】伸学院セミナー塾生・入試平均点

※見難い方はPC表示に切替えてご閲覧下さい。
各科目100点満点、合計500点満点
    英語 数学 国語 理科 社会 5科目
26年 難易度
当塾生平均点
(全受検生平均点)

80点
(50.3点)

67点
(49.2点)

64点
(52.6点)

71点
(54.4点)

74点
(57.5点)

71.0点
(52.9点)
27年 難易度
当塾生平均点
(全受検生平均点)

77点
(50.5点)
やや難
72点
(52.7点)

73点
(59.3点)

60点
(42.6点)

86点
(65.6点)

73.6点
(54.2点)
28年 難易度
当塾生平均点
(全受検生平均点)

84点
(50.0点)
やや難
71点
(50.2点)

80点
(59.6点)

67点
(40.9点)

81点
(56.4点)

76.6点
(51.5点)
29年 難易度
当塾生平均点
(全受検生平均点)

81点
(58.4点)

62点
(50.8点)

84点
(68.1点)
やや難
67点
(51.5点)

78点
(59.1点)

74.4点
(57.6点)
30年 難易度
当塾生平均点
(全受検生平均点)

68点
(51.8点)
-
72点
(54.9点)

71点
(60.0点)
超・難
48点
(36.1点)

82点
(62.3点)

68.2点
(53.0点)
31年 難易度
当塾生平均点
(全受検生平均点)

75点
(53.9点)
やや難
70点
(51.7点)

72点
(57.4点)

63点
(43.4点)

81点
(62.8点)

72.2点
(53.9点)

【4】伸学院セミナーからの合格者高校別内申点の平均(過去5年間)

(小数第1位四捨五入)
市西合格者 233点 西宮東合格者 212点  県西合格者 203点
鳴尾合格者 180点 西宮北合格者 170点 西宮南合格者 161点

【5】競争倍率の推移

★注意…下記の数字は、第1希望校での倍率で、実際には第2希望で降りてくる受検生がいますので、
実質倍率は上がります。


※見難い方はPC表示に切替えてご閲覧下さい。
  市宮  西宮東 県西 鳴尾 西宮北 西宮南 今津 甲山
H26
(2014)
1.09倍
(定員増)
1.62倍 1.31倍 1.30倍 0.94倍 0.66倍
(定員増)
1.53倍 0.76倍
H27
(2015)
1.19倍 1.51倍 1.59倍 1.21倍 0.93倍
(定員増)
0.85倍 1.32倍 0.80倍
H28
(2016)
1.20倍 1.28倍
(定員増)
1.49倍 1.23倍 0.96倍 0.77倍 1.08倍 1.04倍
H29
(2017)
1.09倍 1.25倍 1.42倍 1.25倍 1.19倍(定員減) 0.87倍 1.13倍 1.02倍
H30
(2018)
1.19倍 1.35倍 1.81倍 1.26倍 1.21倍 0.74倍 1.02倍 0.82倍
H31
(2019)
0.97倍 1.19倍 1.10倍
(定員減)
1.53倍
(定員減)
0.93倍 0.99倍
(定員減)
0.76倍 0.92倍

【6】合格点の目安 (学力検査250点+内申点250点、合計500点満点)

※見難い方はPC表示に切替えてご閲覧下さい。
♦市西 420点 ♦西宮東 390点  ♦県西 380点 ♦鳴尾 345点
♦西宮北 320点 ♦今津 285点 ♦西宮南 270点 ♦甲山 250点
(加算点は含みません)

今年は市西が定員割れ、県外が定員減による難化が予想されるなかの大幅減など、倍率に若干予想外もありました。
合格最低点も競争倍率によって大きく変わります。
上記の合格目安点と下記の内申点の目安は、過去3年の入試をもとに出しています。

【7】内申点の目安 (5教科×4+副教科×7.5、合計250点満点)

※見難い方はPC表示に切替えてご閲覧下さい。
♦市西 225点 ♦西宮東 210点  ♦県西 200点 ♦鳴尾 185点
♦西宮北 175点 ♦今津 165点 ♦西宮南 160点 ♦甲山 145点

内申点を上げるためには、倍率の高い副教科で点を稼ぐのが近道ですが、学力偏差値(5教科)も上げないと学力検査での高得点は望めません。合計点だけでなく、教科における高低によって大きく左右されます。

(例1)英3数3国3理3社3 音5美5技5体5→ 内申点合計210点

内申点だけでみると西宮東レベルですが、学力偏差値(5教科)が低いので、学力検査と合わせると、鳴尾クラスになります。

(例2)英5数5国5理5社5 音3美3技3体3→内申点合計190点

逆にこちらの内申点は鳴尾レベルですが、学力偏差値(5教科)が高いので、学力検査と合わせると、西宮東クラスになります。


【8】英・数・国・理・社の5段階評価と、学力検査(500点満点)の得点相関

5教科合計評価 学力検査得点予想
25(オール5)⇒ 400点~450点
20(オール4)⇒ 300点~350点
15(オール3)⇒ 240点~280点
PAGE TOP